薬味

ここでは、「薬味」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなまるマーケットのとくまるのコーナーは「ミョウガ」です。

おかずにはもちろん、お酒のおつまみにも合うという旬のミョウガを使った卵とじの紹介です。

  ミョウガの卵とじ

<材料>
・ミョウガ…6個 ・ちくわ…4本 ・卵…3個
・サラダ油…大さじ1 ・水…1/2カップ
・昆布茶…小さじ1 ・みりん…大さじ1
・砂糖…大さじ1 ・薄口しょう油…大さじ2

<作り方>
(1)ミョウガを縦に半分に切って、さらにそれを縦に3等分します。

(2)ちくわを5mm幅で輪切りにします。

(3)サラダ油をひいたフライパンで、ミョウガを1分ほど炒めます。

(4)ミョウガにつやがでてきたら、ちくわを加えて軽く混ぜます。

(5)水・昆布茶・みりん・砂糖・薄口しょう油を加えて1分ほど炒め煮します。

(6)汁がフツフツと沸いてきたら、溶き卵を流し入れます。

(7)火を止めてフタをして2分間蒸らし、盛り付けたら出来上がりです。

半熟卵のトロトロとミョウガのシャキシャキが絶妙で、ご飯にかけても美味しいそうですよ~。
  
  帆立卵とじ




スポンサーサイト
はなまるマーケットのとくまるのコーナーは「ミョウガ」です。

ミョウガの甘酢浸けを、鶏ささ身とキュウリで和えた一品の紹介です。

  ミョウガの甘酢漬けの和え物

<材料(4人分)>
・ミョウガ…3個 ・塩…少々 ・酢…1/2カップ
・水…1/2カップ ・砂糖…大さじ3 ・甘酢…大さじ3
・塩…小さじ1/3 ・オリーブ油…大さじ2 ・コショウ…少々
・鶏ささ身(塩ゆで)…180g ・キュウリの塩もみ ・ゴマ…大さじ1

<作り方>
(1)ミョウガを縦に半分に切り、熱湯で20秒ほど茹でます。

(2)ミョウガをざるにあげ、塩をふりましょう。
  塩をふることによって余分な水分が抜けて、香りが引き立ちます。

(3)鍋に酢・水・砂糖を合わせて火にかけて砂糖が溶けるまで火にかけます。
  沸騰させてしまうと酢の香りが消えてしまうので注意してください。

(4)(3)をボウルに移して氷水で冷まします。

(5)ミョウガを(4)と合わせ、ひと晩つけます。

(6)(5)で出来た甘酢を、オリーブ油・塩・コショウと混ぜ合わせます。

(7)(6)に塩ゆでした鶏のささみ・塩もみにしたキュウリ・漬けおえたミョウガを合わせて、ゴマをふりかけたら出来上がりです。

  
 辛味と甘味が絶妙

はなまるマーケットのとくまるのコーナーは「ミョウガ」です。

初夏が旬のミョウガのきれいで美味しい切り方の紹介です。
料理によって切り方を変えるとより良いそうで、千切りは刺身やそうめん、みじん切りはお味噌汁などに、扇の飾り切りはサラダなどの添え物に、小口切りは香りが立つので冷奴にオススメです。

  薬味のミョウガ きれいで美味しい切り方

【千切り・みじん切り】
(1)根元の部分を三角に切って軸を切り落とします。
  その後繊維に沿って縦に千切りに。
(2)切り取った軸をみじん切りにします。

【飾り切り】
(1)軸を残りたまま縦に薄く切ります。
(2)先端の部分を広げて扇形にします。

【小口切り】
(1)繊維を断ち切るように横に薄く切ります。
(2)苦味が気になる場合は、2、3分水にさらしましょう。
  その後絞らずにざるに上げて、水を切ります。

我が家も素麺にはミョウガが薬味に登場したりします~。
 



常備菜にオススメだという、初夏が旬のミョウガを甘酢に浸けた定番料理の紹介です。

  ミョウガの甘酢漬け

<材料>
・ミョウガ…6個 ・塩…少々 ・酢…1/2カップ
・水…1/2カップ ・砂糖…大さじ3

<作り方>
(1)ミョウガを縦に半分に切り、熱湯で20秒ほど茹でます。

(2)ミョウガをざるにあげて塩をふります。
  塩をふることによって余分な水分が抜けて、香りが引き立ちます。

(3)鍋に酢・水・砂糖を合わせて火にかけて、砂糖が溶けるまで火にかけます。
  沸騰させてしまうと酢の香りが消えてしまうので注意してください。

(4)(3)をボウルに移して氷水で冷まします。

(5)ミョウガを(4)と合わせ、ひと晩つければ出来上がりです。

食欲のない時にピッタリの甘酢漬けだそうですよ~。
             
漬物から梅ドリンク   【高知県産】 みょうが





関連タグ : はなまるマーケット, とくまる, みょうが, ミョウガの美味しい切り方, ミョウガの甘酢漬け,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。