魚介類

ここでは、「魚介類」 に関する記事を紹介しています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなまるマーケットとくまるのコーナは、「初カツオ」です。

独特の粘り気が特徴的で、刺身に飽きてきた頃にサラダ感覚で食べられるとのこと。

  カツオのなめろうタルタル風

<材料>
・カツオ…1/2さく(200g) ・味噌…30g ・万能ネギ…1/2袋
・シソ…3枚 ・ショウガ…1片 ・ミョウガ…2個
・シソドレッシング…適量 ・長イモ…1/5本

<作り方>
(1)シソ・ショウガをみじん切りにして、カツオを細かく刻んでたたきます。

(2)刻んだカツオに味噌を加えてかるく混ぜて、刻んだ万能ネギ・シソ・ショウガを入れて、混ぜながらたたきます。

(3)長イモを刻んでたたきます。
  長イモの食感がなめろうの滑らかさを引き立たせるそうです。

(4)(2)を皿に盛り、シソドレッシングをたっぷりかけます。

(5)(4)の上に、たたいた長いも、小口切りにしたミョウガ、刻んだ万能ネギを盛り付けたら出来上がりです。

サラダに飽きたころこれは喜ばれるとスタジオでも好評でした~。
  
 味噌であえた懐かしの味♪ご飯がすすむまぐろなめろう

 






スポンサーサイト

関連タグ : はなまるマーケット, とくまる, カツオのなめろうタルタル風, 初カツオ,

はなまるマーケットとくまるのコーナは、「初カツオ」です。

塩焼きのたたきは、高知で人気の食べ方だそうです。

  カツオの塩たたき

<材料(2人分)>
・カツオ…1さく(400g) ・塩…適量
・サラダ油…適量 ・タマネギ…適量 ・ワカメ…適量
・ミョウガ…適量 ・万能ネギ…適量 ・ニンニク…適量

<作り方>
(1)カツオ全体に塩をふって、手で叩いて馴染ませます。
  塩は藻塩がお勧めだそうです。

(2)サラダ油をひいてフライパンをきっちり温め、油をかるく拭き取りましょう。

(3)強火のまま皮面のままカツオを焼いていき、焦げ目がついて内側の身が薄茶色になれば大丈夫です。

(4)定番の冷やしは行わず、焼いたカツオに再び塩をふって手で叩いて馴染ませます。

(5)包丁の刃元をあてて包丁全体を使い、手前に引くように1.5cm程度の厚さに切ります。

(6)玉ねぎ・わかめ・みょうが・万能ねぎ・ニンニクを盛り付けたら出来上がりです。

美味しそうでしたよ~。
  
一本釣り特上かつおの鰹タタキ




関連タグ : はなまるマーケット, とくまる, 初カツオ, カツオの塩たたき,

はなまるマーケットのとくまるのコーナーは「タコ」です。

  おいしいタコの見分け方

・張りがある太い足。
・切り口がみずみずしい事。
・色の違いは味に関係ありません。
・輸入物もおいしく、一度冷凍されているので柔らかくなるそうです。


  タコとレモンのカルパッチョ

<材料(2人分)>
・アンチョビペースト…小さじ1 ・レモン汁…小さじ2
・オリーブ油…大さじ2 ・トマト…100g ・ゆでダコ…100g
・パセリ(みじん)…小さじ2 ・塩、コショウ…少々

<作り方>
(1)ボウルで、アンチョビペースト・レモン汁・オリーブ油を合わせます。

(2)皮をむき5mm角に切ったトマトとタコのスライス、パセリを加えてよく混ぜて、塩コショウで味をととのえます。

(3)冷蔵庫で20~30分ねかせ味をなじませ、好みの野菜とともに盛りつけたら出来上がり。

フルーツトマトなど甘みの強いトマトを使うと、よりおいしくなるそうです。
タコ(タウリン)とレモン(クエン酸)は両方ともに疲労回復効果があって、
組み合わせるとダブルで効き目があるんだとか。
   
有機カルパッチョドレッシング



関連タグ : はなまるマーケット, とくまる, タコの見分け方, タコとレモンのカルパッチョ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。