はなまるマーケットで紹介された色々なレシピや料理をご紹介。 はなまるな毎日になるように・・・。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。
豆腐にかけると絶品となり、日本酒にぴったりだで、飯にも合います。

  アンチョビ ネギダレ

<材料(2人分)>
・ゴマ油…大1 ・アンチョビ(フィレ)…4枚 ・ネギ…1/4本
・ニラ…1本 ・ショウガ…少々 ・砂糖…小1
・酒…小2

<作り方>
(1)フライパンにゴマ油を入れてアンチョビを中火で炒めます。

(2)(1)にみじん切りのネギ・ニラ・ショウガ・砂糖・酒を入れて一煮立ちしたら出来上がりです。

アンチョビってイタリアの万能調味料なんですね~。
使いにくい食材の一つだったけれど、簡単な料理法で日本人にも合う料理に変身するんですね~。
期間限定SALE中!アンチョビ

330個完売御礼!バーニャカウダ(アンチョビソース)

スポンサーサイト
はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。
和風ソースのレシピです。

   鶏そぼろあんアンチョビ風味

<材料(2人分)>
・アンチョビ(フィレ)…4枚 ・ショウガ…1/2片 ・酒…大1と1/2
・みりん…小1と1/2 ・醤油…小1/2 ・カツオだし…1/2カップ
・鶏ひき肉…100g ・水溶き片栗粉…適量

<作り方>
(1)お鍋に細かく切ったアンチョビを入れて中火で炒めます。

(2)(1)がいい香りがしてきたら、ショウガのみじん切り・酒・みりん・醤油・カツオだしを加えます。

(3)一旦火を止め、鶏ひき肉を加えてそぼろにしたら中火で加熱します。

(4)弱火にし少しずつ水溶き片栗粉を加えてとろみを付けたら出来上がりです。

和風にアンチョビ合うんですね~。
鶏ぞぼろはそのままでもおいしいですよね。
筍と鶏そぼろ煮 

鶏そぼろ



はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。
新宿にある「トラットリア ブリッコラ」の料理長が簡単に作れるというアンチョビとトマトをあわせた万能ソースを教えてくれました。
他にも、白身魚や豚肉のソテーにかけたりパスタのソースとして使ってもおいしいとのこと。

  万能アンチョビトマトソース

<材料(4人分)>
・トマト…3個 ・アンチョビ(フィレ)…8枚
・オリーブ油…大4

<作り方>
(1)フライパンにオリーブ油を弱火で温めたら、アンチョビを加えて炒めます。

(2)(1)にトマトを加えて中火で煮。半分トマトが溶けるのが目安だそうです。

(3)およそ7分でとろみが付けば簡単ソースの出来上がりです。

トマトソースは、色々アレンジして使える万能なソースですね~。
トマトソースを加えてお店の味に!?
バジリコとガーリック入りトマトソース

トマトソースdeハンバーグ

はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。

塩は使わずアンチョビだけの味付け、春キャベツの甘さがいっそう引き立ちます。
ポイントはソースにつぶしたジャガイモを入れることで、パスタと絡みやすくなるそうです。

   春キャベツのアンチョビパスタ

<材料(2人分)>
・アンチョビ(フィレ)…2枚 ・春キャベツ…2枚 ・ニンニク…2片
・オリーブ油…大3 ・パスタ…140g ・ジャガイモ…1/2個
・タカノツメ…1本 ・パスタのゆで汁…80cc

<作り方>
(1)オリーブ油を弱火で熱し、潰したニンニクを入れじっくりと香りを出します。

(2)(1)の香りが出てきたら、パスタを茹でます。
  (パスタのゆで汁と塩の割合は1Lに小2)。

(3)(1)にアンチョビを加え、軽く潰しながら炒めます。
  (アンチョビは弱火で。)

(4)(3)にタカノツメとパスタのゆで汁、潰したジャガイモを加えます。

(5)パスタをあげる1分前にちぎったキャベツを入れパスタと一緒に茹でます。

(6)(5)を一緒にあげ、(4)と合わせたら出来上がりです。

お家でお店の味を試してみよう~~。
アンチョビ・トマト・ケッパー・美味しい黒オリーブ入りの酸味のあるピリ辛トマトソース

最高級アンチョビの隠し味


はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。

アンチョビを塩の代わりに調味料として使ったり野菜炒めの味付けとして使います。

  メカジキのフライ アンチョビ風味

<材料(4人分)>
・卵…1個 ・小麦粉…適量 ・ニンニク…少々
・アンチョビ ペースト…大2 ・メカジキ…2切れ
・パン粉、揚げ油…適量 

<作り方>
(1)卵・小麦粉・ニンニクのみじん切りにアンチョビのペーストを混ぜます。

(2)(1)にメカジキを絡ませパン粉をまぶして揚げます。

(3)(2)キツネ色に揚がったら出来上がりです。

メカジキのイタリアン見てるだけでおいしそうでした。

「めかじきまぐろ」が半額50%OFF

はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日の食材は、「アンチョビ」です。

アンチョビ初心者のための基本的なポイントを抑えたレシピです。
「チョビっとのアンチョビとトマトとジャガイモ素晴らしいの」
とシェフがいうレシピで、たっぷり入れると味が濃くなるのでアンチョビは少しだけ使うというと話していました。

   ジャガイモピザ アンチョビ風味

<材料(2人分)>
・オリーブ油…適量 ・ジャガイモ…大1/2個 ・トマト…1/2個
・溶けるチーズ…50g ・アンチョビ(フィレ)…2枚

<作り方>
(1)オリーブ油をしいた上に、茹でてスライスしたジャガイモとトマトをのせます。

(2)(1)に溶けるチーズをのせて、その上に量を加減しながらアンチョビをのせます。

(3)(2)にオリーブ油をかけて、230度のオーブンで5分焼けば出来上がりです。

アンチョビとピザは、お店でもよくあるメニューですよね。
お家で簡単にできてしまうんですね~。
  
ピザ★アンチョビPIZZA★

 
石窯ピザ《チョビとガーリックのきいたナポリピザのルーツ》




はなまるマーケットでお笑い女芸人の北陽 虻川美穂子,伊藤さおりさんが、有名シェフにまかないレシピを教わるコーナー。
北陽

今回は、旬の魚料理が楽しめるという、銀座にあるフレンチの名店。世界の有名シェフや美食家に、日本を代表する料理人と評されたフレンチ歴40年の名シェフ大渕康文さんが、北陽に「野菜たっぷり漬け丼」というまかないレシピを教わっていましたよ。
※お店:御魚 大渕座(東京都中央区銀座3-10-14 東銀1ビル2F)

  野菜たっぷり漬け丼

昆布だしと梅干しを使ったタレで白身魚を漬け込んだ、栄養バランスの取れたヘルシー丼の紹介です。

<材料(2人分)>
【漬け丼】
・白身魚 ・漬け汁…適量 ・アボカド…1/2個
・トマト…1/2個 ・塩、コショウ…少々…少々 ・漬け汁(サラダ用)…小さじ1
・マヨネーズ…大さじ1 ・レタス…1/4個

【漬け汁】
・酒…100cc ・みりん…100cc ・醤油…200cc
・昆布だし(顆粒)…小さじ1 ・梅干し…1個

<作り方>
【漬け汁】
(1)酒、みりんを鍋に入れ沸騰させアルコールを飛ばして、醤油を加え沸騰したら火を止めます。
  (鍋は深い鍋を使い、火加減に気をつけましょう。)

(2)(1)に昆布だしを入れ、よく冷まし梅干しを手でほぐして種ごと加えます。
  (半日置くとさらに美味しさアップだそうです。)

【漬け丼】
(1)白身魚をスライスし、漬け汁に4~5分漬けます。
  (うっすら色付く位がちょうどいい味の目安です。)

(2)アボカドをスプーンで潰し、ざく切りにしたトマトと一緒に塩・コショウで味付けし軽く混ぜます。

(3)(2)に漬け汁・マヨネーズ・ちぎったレタスを入れ混ぜます。

(4)ご飯の上に(1)とワサビ、(3)のサラダをのせれたら出来上がりです。

漬け丼美味しそうでしたよ~。
 今回は白身魚でしたが、漬け丼と言えばマグロの漬け丼を思い出します。
 漬けって美味しいですよね~。
 
まぐろ漬け丼

 
はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日のテーマは、「2つだけレシピ 」です。
春の旬の食材・ホタルイカ&タケノコの2つだけで作れるレシピです。

  ホタルイカとタケノコのきんぴら

<材料(4人分)>
・タケノコ…150g ・ホタルイカ…20杯 ・ゴマ油…少々
・カツオだし…1/4カップ ・酒…大さじ2と1/2 ・みりん…大さじ2と1/2
・しょう油…大さじ1 ・塩…少々 ・七味唐辛子…適量

<作り方>
(1)下茹でしたタケノコを細切りにしていきます。
  (水煮のタケノコでも大丈夫です。)

(2)ゴマ油をひいたフライパンに細切りにしたタケノコを入れ、強火でさっと炒めます。

(3)香りが出た所でボイルしたホタルイカを加える。

(4)(3)にカツオだし・酒・みりん・醤油・塩を加え強火で煮つめていきます。

(5)汁気がなくなるまで煮つめ、七味唐辛子をからめたら出来上がりです。
  
 ホタルイカは生でも美味しい食材ですよね。
  
ネギトロ用タタキと山かけ漬け丼マグロ
楽天ランキング1位 《山陰沖産》朝とれ直送!生ホタルイカ

 
お肉のきんぴら


はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日のテーマは、「2つだけレシピ 」です。
春の食材2つだけで作れるという簡単激うま料理です。
ゲストの女優 清水由紀さんがスタジオで調理していたレシピで、実家でお母さんが作っていたのを真似したものだそうです。

  アサリとワケギのみそ和え

<材料(4人分)>
・アサリ(殻付き)…400g ・ワケギ…1束 ・みそ…大さじ4
・砂糖…大さじ6 ・酢…大さじ2

【アサリの蒸し用】
・酒…大さじ2 ・みりん…大2

<作り方>
(1)ボウルにみそ・酢・砂糖を入れて混ぜ合わせます。

(2)(1)に酒蒸ししたアサリとワケギを入れて味をからめたら出来上がりです。

ワケギは韓国のキムチなどでもよく登場しますね。
おすすめ商品わけぎキムチ

【期間限定】高知県産わけぎ
はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日のテーマは、「2つだけレシピ 」です。

春の食材2つだけで作るバラ肉と、春の食材・新ニンジンを丸ごと1本使ったレシピです。

  豚ニン二ン

<材料(2人分)>
・新ニンジン…2本 ・豚ばら肉…200g ・ポン酢しょう油…大さじ3
・もみじおろし…大さじ2 ・砂糖…小さじ1 ・油…大さじ1

<作り方>
(1)新ニンジンの皮を薄くむき、食べやすい大きさの細切りにします。

(2)フライパンに油をひいて、豚ばら肉を強火で炒めます。

(3)豚ばら肉に半分程度火が通ったら、細切りにした新ニンジンを加え、炒めたら、火を止める。

(4)ボウルにポン酢しょう油・もみじおろし・砂糖を入れて、そこに炒めた新ニンジン・豚ばら肉を入れて混ぜ合わせたら出来上がりです。
  (火を使わない為、ポン酢しょう油の酸味が飛ばず、もみじおろしの風味が効いたさっぱり味になります。)

にんじんは、とても栄養が高い食材ですよね。
フルーツにんじん・フルーツキャロット


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。