はなまるマーケットで紹介された色々なレシピや料理をご紹介。 はなまるな毎日になるように・・・。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はなまるマーケットのとくまるコーナーのテーマは、「家族餃子」です。

料理研究家・まきまさ美さんが教えてくれたレシピで、パーティで楽しめるように基本の餃子の他に3種類のバリエーションがあるそうです。

  絶品ギョーザ

<材料(25個分)>
・豚ひき肉…250g ・タマネギ…1/2個 ・キャベツの葉…1枚
・ニラ…1/4束 ・酒…大さじ1 ・醤油…小さじ2
・水…大さじ1 ・塩…小さじ1/4 ・コショウ…少々
・ショウガ(すりおろし)…小さじ1 ・市販の皮…大判25枚
・ごま油…適量 ・お湯…150cc

【バリエーション】
・スイートコーン…60g ・カレー粉…小さじ1と1/2
・モッツァレラチーズ…100g ・春雨…20g
・鶏ガラスープの素…小さじ1 ・湯…400cc

<作り方>
(1)キャベツをみじん切りにし、塩(分量外)を少し振り、軽く揉みます。

(2)ニラ、タマネギはみじん切りに。

(3)豚肉・ショウガ・酒・水・醤油・塩・こしょうを混ぜて、ねばりが出るまでよく練ります。

(4)みじん切りのニラとタマネギ、キャベツを入れて軽く混ぜ、最後にごま油を入れます。

(5)冷蔵庫で約1時間、練ったあんを寝かせましょう。

(6)あんを皮に包み、油をひいた熱々の鉄板に並べ、すぐにお湯をたっぷりと注ぎます。

(7)バリエーションの具材を混ぜます。
   スイートコーンとカレー粉はあらかじめ混ぜておき、春雨は鶏ガラスープを溶いた湯で戻しておきます。
   これでスイートコーン+カレー粉入り、モッツァレラチーズ入り、春雨入り、基本の4種類が完成です。

(8)皮の真ん中に具をのせて、皮のふち半分に水を塗ります。
  半分に折り曲げて真ん中から押さえ、両端をつぶすように押さえてあん包みは出来上がり。

(9)250度に温めたホットプレートに油をひき、ギョーザを並べ、お湯をかけて、すぐにふたをします。

(10)3分たったらフタをあけて、ごま油をギョーザにかけます。
   焼き色が着いたら出来上がりです~。


餃子は、皆で作ったり食べたりしたら美味しいんだよね~。
我が家もよく餃子パーティーします~。
【送料無料】お試しセット

    
 【送料無料】北京餃子 作成キット
スポンサーサイト
はなまるマーケットのとくまるコーナーは、「餃子」です。

浅草名代ラーメン「与ろい屋」の、鶏肉と春雨を使った新食感な餃子です。
店主・松本光昭が教えてくれたレシピで、春雨を使用することで野菜や肉の旨みを逃さないのだとそうですよ。

  和風ぎょうざ

<材料>
・鶏ひき肉 ・春雨(水切りしたもの) ・ネギ
・ニラ ・醤油 ・砂糖
・塩 ・ショウガ ・ごま油
・みそ ・ラード ・鶏油

<作り方>
(1)春雨、みじん切りのニラ・ネギ・油・調味料一式を混ぜます。

(2)ある程度混ざったところで鶏ひき肉を加えて、ねばりが出るまでよく練ります(7~8分)。

(3)冷蔵庫で約1時間、練ったあんを寝かせましょう。

(4)あんを皮に包み、熱々の鉄板に並べて、すぐにお湯をたっぷりと注ぎます。

(5)中まで火が通ったら湯を捨て、油をギョーザにかけ、フタをして蒸し焼きにし、焼き色がついたら出来上がりです。


もっちりたっぷり餃子セット

関連タグ : はなまるマーケット, 餃子, 和風ぎょうざ,

はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日のテーマは、「たけのこ」です。

アク抜きしたタケノコを丸々一本使うもので、タケノコの下から1/3を目安に上の部分と下の部分とに分けて説明していました。
茹でた材料を水にさらさずそのまま冷ます「生上げ(きあげ)」を行うと、タケノコの水分が抜け、替わりにだしをぐんぐん吸うという。
ポイントは、湯通しした鶏の皮を加える事だそうで、鶏の旨みが加わりコクのあるごはんが炊けるのだとか。
鶏皮の代わりに、家では鶏がらスープの素(ひとつまみ)でも大丈夫だそうです。

  タケノコご飯

<材料(4人分)>
・タケノコ…1本 ・米…3合 ・カツオだし…3カップ
・塩…小さじ1 ・醤油…大さじ1 ・鶏の皮(湯通し)…1枚

<作り方>
(1)上の部分を縦半分に切り、2~3mmにスライスします。

(2)下の部分は、縦半分に切り、タケノコの繊維の向きと垂直に薄くスライス。

(3)一度お湯でタケノコを茹で、沸騰したところでざるにあげて、そのまま冷まします(生上げ)。

(4)炊飯器に用意したお米に、塩・醤油・カツオだしを加え一旦混ぜます。

(5)タケノコ、鶏の皮(又は鶏がらスープの素ひとつまみ)を入れて、炊飯して出来上がり。
  盛りつける時は、鶏皮は除きます。

 
送料無料!国産たけのこご飯の素

はなまるマーケットのとくまるのコーナーで紹介された今日のテーマは、「たけのこ」です。

  新鮮なタケノコを見分ける方法

新鮮なタケノコの見分け方。
色を見るのが大事だそうで、穂先が緑というよりは黄色っぽいもの、根元の部分の突起が黒よりは赤みがかっているものが新鮮だそうです。

 


  タケノコのアク抜き

<材料>
・タケノコ ・水
・赤唐辛子 ・米ぬか

<やり方>
(1)皮は残したまま、土をよく洗い流します。

(2)根元の部分と突起は薄く切り落とします。

(3)先端から5cm程度の皮を斜めに切り落とします。

(4)縦に包丁を入れ、根元の方は浅く、先端は深めに入れます。

(5)米ぬかを水3リットルに対し1/2カップを入れて、種を取った赤唐辛子を加え、タケノコを入れ火にかけます。

(6)沸騰したら落とし蓋をして弱火で1時間ほど茹でます。

(7)竹串がすっと入るほどに茹で上がったら火を止め、茹で汁に入れたまま常温になるまで冷まします。

(8)冷めたら水でよく洗いながら皮をはがし、先端の「姫皮」の部分は、和え物やお吸い物などにオススメだそうです。

タケノコのシーズンですね。
我が家も最近よく頂くので、冷凍庫はタケノコだらけです。
    

朝掘りたけのこ  「緑竹の水煮2kg」





はなまるマーケットでお笑い女芸人の北陽 虻川美穂子,伊藤さおりさんが、有名シェフにまかないレシピを教わるコーナー。

今回教わるのは、パンをお団子状にする「北イタリアで定番の家庭料理。」
修業中週3回は食べていたという「リストランテ・アッラ・バーバ」のシェフ 馬場光明の思い出がいっぱい詰まったまかない料理を教わっていました。
お好みでオリーブオイルを入れたり、コンソメスープの代わりにトマトスープにしたり、野菜を多く入れるなどのアレンジを加えてもおいしいそうです。

  食パンだんごスープ

<材料>
・食パン…1枚 ・チーズ…60g ・ハム…2枚
・万能ネギ…2本 ・粉チーズ…大さじ1 ・パン粉…20g
・卵・・・1個 ・塩…ひとつまみ ・コショウ…適量
・コンソメスープ…5カップ

<作り方>
(1)包丁を使って食パンを5ミリ角、チーズを5ミリ角、ハムを2mm程度に切ってボウルに入れます。

(2)ボウルにみじん切りにした万能ネギと粉チーズを入れ、さらにパン粉と卵を加えます。

(3)ボウルにひとつまみの塩と、強めに適量のコショウを加え、具材がよく混ざるようにこねます。
  塩コショウのさじ加減を間違えると料理が台無しになってしまうそうですのでここは重要だそうです。

(4)具材を団子状に丸めましょう。

(5)コンソメスープを入れたフライパンの中に団子を入れ、中火にかけます。
  団子がくずれてしまうため沸騰しすぎないように火加減に注意します。

(6)団子が浮きあがってきたら火を止め、塩コショウで味を整えれば出来上がりです。

本日で最後のまかないdeレストラン最後の料理は家庭料理でした~。
  
【送料無料】鴨鍋せんべい汁セット
はなまるマーケットとくまるのコーナーの今日のテーマは「おから」です。

料理研究家・森崎友紀のレシピ「モッチリおからの生地」を使った料理です。

  おからピザ

<材料(3人分)>
・ゴマ油…小さじ2 ・マヨネーズ…大さじ3 ・豆板醤…小さじ1
・ハム…3枚 ・ネギ…1/2本 ・ピザ用チーズ…80g

【モッチリおからの生地】
おから…60g ・水…60cc ・片栗粉…60g

<作り方>
【モッチリおからの生地】
おからと片栗粉と水を1:1:1の割合でボウルに入れて混ぜ合わせます。指を開きながら混ぜるとまとまりやすい。

【メイン】
生地を薄く延ばしてフライパンで焼き、具を乗せてたらで出来上がりです。


野菜畑

関連タグ : おから, とくまる,

はなまるマーケットとくまるのコーナーの今日のテーマは「おから」です。

おからを使った団子の作り方です。
「ココア風味のおから団子」の応用料理です。
おから自体はボソボソしているが、モッチリした食感に変えれば使い勝手が良くなるそうです。
もっちりさせるポイントは、おからに片栗粉と水を混ぜ合わせる事で、それぞれ「1:1:1」の割合で混ぜ合わせ、指を開いて混ぜるとまとまりやすい。この団子はさらに砂糖を加えてデザートにしたものです。

  抹茶風味のおから団子

<材料(4人分)>
【モッチリおからの生地】
・おから…60g ・片栗粉…60g ・水…60cc

【おから団子】
・砂糖…大さじ2 ・抹茶…小さじ1
・きな粉…大さじ2 ・砂糖…大さじ2

<手順>
(1)おから・片栗粉・水をボウル内で混ぜ合わせます。

(2)(1)に砂糖と、抹茶を入れて混ぜます。

(3)(2)の生地で団子を作って耐熱皿に移し、ラップしてレンジ(600W)で3分過熱。

(4)皿に移し、きな粉などでトッピングをしたら出来上がりです。
  
   
   茶だんご.
はなまるマーケットとくまるのコーナーの今日のテーマは「おから」です。

おからを使った生地の作り方。

  モッチリおからの生地

<材料(4人分)>
・おから…60g ・水…60cc ・片栗粉…60g

<作り方>
おからと片栗粉と水を1:1:1の割合でボウルに入れて混ぜ合わせます。
指を開きながら混ぜるとまとまりやすいそうです。



 「モッチリおからの生地」の応用料理編です。
 使用する生クリームは植物性のものが安くてオススメだそうです。

  キノコクリームのおからニョッキ

<材料(2人分)>
・オリーブ油…小さじ2 ・シメジ…1袋 ・水…100cc
・生クリーム…100cc ・塩コショウ…適量 ・パセリ…適量

【モッチリおからの生地】
・おから…60g ・水…60cc ・片栗粉…60g

<作り方>
(1)生地を小さく丸め、団子を20個ほど作ります。

(2)フォークで団子に筋を入れ、耐熱皿に並べます。

(3)ラップをぴったりとかけてのレンジ(600W)で3分加熱。

(4)加熱した生地は、乾燥させないためソースと合わせる直前までラップをかけたまま置いておきましょう。

(5)オリーブ油を引いたフライパンで、食べやすい大きさに切ったシメジを中火で炒めます。

(6)シメジがしんなりしてきたら水を入れて1~2分煮詰め、生クリームを加えます。

(7)塩コショウで味を調えひと煮立ちさせたら生地を入れ、中火のままクリームと生地をからめます。

(8)器に盛り、みじん切りのパセリを散らしたら出来上がりです。

   
~4種類のチーズのクリームソース~
はなまるマーケットとくまるのコーナーの今日のテーマは「おから」です。

1人前27円で作れる、ワカメの酢の物をおからを使ってボリュームアップさせた料理。
豆腐研究家・青山隆さんのレシピで、マヨネーズを加えて混ぜればサンドイッチの具材にも使えるとそうですよ。

  おからの酢の物

<材料(4人分)>
・昆布だし(顆粒)…小さじ1 ・水…100cc ・砂糖…大さじ2
・塩…小さじ1/4 ・酢…大さじ3 ・おから…150g
・ネギ…1本 ・油揚げ…1枚 ・乾燥ワカメ…大さじ1/2

<作り方>
(1)顆粒の昆布だしをお湯で溶いて、そこに砂糖・塩・酢を加えて混ぜます。

(2)おからをボウルに入れ、そこに(1)を加えて全体になじむようによく混ぜます。

(3)(2)に、油抜きしてたんざく切りにした油揚げ、戻して刻んだワカメを加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。

宮城県産素干しわかめ お味噌汁に酢の物に

はなまるマーケットとくまるのコーナーの今日のテーマは「おから」です。

おからに旨味の強い食材を合わせるとおいしく作れるとのことで、この料理では、家庭でも簡単に作れるようにとアサリの缶詰を使っています。
ポイントは、隠し味に酢と天かすを用いること、おからは焦げやすいので入れるときは必ず火を止めることだそうです。

  卯の花

<材料(8人分)>
・乾燥ワカメ…大さじ2 ・アサリ水煮缶…1缶 ・塩…小さじ2
・天かす…100g ・ニンジン…1/3本 ・干しシイタケ…1枚
・しょう油…大さじ1・1/2 ・カツオだし…300cc ・おから…300g
・油揚げ…1枚 ・豚ひき肉…50g ・砂糖…大さじ3・1/2
・酢…少々 ・ネギ…1/3本

<作り方>
(1)フライパンに、皮を切って薄切りにしたニンジン・細切りの油揚げ・乾燥ワカメ・薄切りの戻したシイタケ・豚ひき肉を入れて中火にかけます。

(2)フライパンにアサリ水煮缶の中身を汁ごと入れて強火にして、しょう油・砂糖・塩・カツオの出し汁を入れます。

(3)ニンジンが柔らかくなってきたら、酢と天かすを加えます。
  天かすを加えることによってコクが出るそうです。

(4)1分ほどかき混ぜたら火を止め、オカラを入れ、よく混ぜてまとまったら弱火にかけます。

(5)3、4分炒り煮して素材がしっとりしてきたら、輪切りにしたネギを加えて全体になじめば出来上がりです。

アサリが入ってるのは何だか新鮮な感じがしますね~。
半端じゃなく濃口!低カロリー卯の花

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。